0ベースから現役経営者まで「VOS行動経営学講座」

これから一番重要な学問は経営学

 VOS-japanが提供する行動経営学。大学4年分以上を7講座に網羅した内容になっている。テクノロジーやネットワークが進化する中、町の本屋がネット通販などで消えてゆく様に、当たり前の様に時代は変わっていく。特にこれからの時代、国や企業に頼る時代では無くなっている。VOS-japanが提供するのは「行動経営学」だ。この経営学は「自分の人生を経営しよう」がテーマとなっている。もし、明日会社に頼れなくなったら。もしやりたい事が見つかったら。すぐに経営出来る要素が詰まっている。大学4年間の経営学を7講座にまとめた、0ベースの人から、現役経営者までが納得出来る内容になっている。

基本知識が欠落した日本の経営者

 自身の経営者としてのスタートは27歳に、あるトレーナー団体の代表からスタートした。そして31歳の時に個人事業主としてデビューし、36歳に会社を法人格にした。その経験からも経営学の基礎知識は非常に重要だと感じている。個人事業主が多いトレーナー業界だが、個人事業主も立派な経営者だ。様々な経営者の人と出会ったが、経験則の経営理論が非常に多い。経験から学ぶ経営理論は良いとは思う。しかし、あまりにも経験偏重の経営者が多いのも事実だ。経験と理論が合わさった時、経営はより上のステージになる。

全ての内容を網羅した経営学

 VOS-japanが提供する「行動経営学」は7講座プラスオリエンテーションの内容になっている。

1.事業基本立案
2.組織マネジメント
3.マーケティングとプロモーション
4.現状ツリーとリスク管理
5.商品知識と営業理論
6.コンサルティング理論
7.経営イノベーション
オリエンテーション

ただ、学ぶだけでなく、行動を始める事でより理解出来る内容になっている。そして何より何度も「学び直し」が出来るのもこの「行動経営学」の特徴になっている。学び直しは「5%の発見」が出来る。この5%がより自分自身の深さを作ってくれる。

もう1つの特徴が武器だ。ある会社経営者が「独立志向の若い人が増えているが、僕は反対です。なぜなら武器が無い事が多い。武器が揃ってはじめて商売は始まる」と言っていた。この経営学を学ぶ事で、アメリカの一流フィットネスマシンや、一流のファンドマネージャーのマネースクール、管理栄養士ならばすぐに料理教室が出来るツールなど、一流企業の商品、商材を扱う事も出来る。もちろんそれを武器にするのも、しないのも受講者次第である。これは明日すぐにビジネスが出来る環境作りに最も最適なプログラムである。

受講後も重要なのがスクールビジネスだ。「行動経営学」は毎月のキックオフミーティング、ビジネストレーニング、そしてVOS-japan会員にはONEDAY-trainingが用意されている。常に学び続ける、そして経営者としてのモチベーションが上がる環境が用意されているのはどこにも無い特徴だ。

スタートした時に人生が変わる

VOS-japanの「行動経営学」はスポーツビジネスだけでなく、様々なビジネスに応用出来る、最高のカリキュラムである。受講者の感想や満足度も高い内容になっている。

VOS-japan行動経営学 (税別)
一般 150,000円
会員 120,000円

VOS-japan「行動経営学」の申込み、お問い合わせは下記までご連絡ください。
有限会社サーティサーティフィットネスシステムズ VOS-japan事業部
078−579−4433

米澤 卓郎
大手スポーツクラブにて企画、宣伝を担当し、ゲーム部門に配属されてからスポーツゲーム企画、広報担当を経験。退職後、様々なトレーナー団体の設立や役員をつとめ、現在は理想のスポーツ団体を作るべくVOS-japanを創設。主婦の為のパーソナルトレーニングジムCHALCOを6店舗運営。ファイナンシャルの専門家とスポーツの世界を豊かにするべく活動中。